Unformat

Read Article

徳丸北野神社に初詣して御神札をゲット!神棚は無いけど方角くらいは気にしてお祀りしてみた。

さっそく初詣に行ってきました。目指すは徳丸北野神社。昨日決めたとおり、まずは氏神様を参拝しなきゃ始まらないだろう、と。この地に住んで4年ほど。なんだか申し訳ない気持ちで向かいます。参拝後には手に入れた御神札の開封の儀を執り行いました。

東武東上線東武練馬駅から

最寄り駅は東武東上線の東武練馬駅です。おなじみGoogleさんによれば、徒歩15分ほど。目的地を北野神社に設定して徒歩で向かいます。ちなみにバスも出ています。国際興業バスの「東練03:東武練馬-徳丸循環」で、そのものズバリ「北野神社」で下車です。

セルフストリートビュー

徒歩で向かったので、道すがらの写真を。

駅から5分くらいの場所。いつの間にかローソンの先にセブンイレブンができていた。

写真ではわかりづらいですが、この宮の下交差点までは下り坂です。今気づいたが、「宮の下」って神社のふもとって意味か!

春になると確か桜並木になるはず。かつて小川が流れていたそうな。

その先からは、急斜面です。30度はあるでしょう。マニュアル車では走りたくないというか、車で通りたくないくらいのキツイ上り坂が待っています。道は険しい。

徳丸北野神社に到着

駅から徒歩15分ですが、その高低差は厳しくなにやら達成感すら覚えます。自分はたまたまここにたどり着いたのですが、どうやら参道の途中のよう。次はちゃんと入り口から参拝したいと思います。

参拝中の写真は無しです。初詣に一人で来るのは初めてだし、数年ぶりの参拝とあらば緊張しないわけがありません。あと、なんだか写真を撮っている場合ではない、そんな空気。

まずは鳥居をくぐる前に会釈。そして左に手水舎(手洗い所)がありましたが、誰も手水しない! そんな空気にまんまと流されまして、自分もそのまま本殿へ。次回はちゃんと清めよう。そして、自分の番が回ってきて参拝。会釈からの賽銭→二拝二拍手一拝と見事なコンボを決めた。「今までありがとうございました」それだけでしたね。

その後は社務所で神宮大麻と北野神社の神札を頂く。ちなみに各800円を納めさせていただきました。

退社(っていうのかな?)時に鳥居をくぐり、再度会釈。無事終わったー、と達成感とともに妙な清々しさを感じる。正直、今までの初詣でこんな気持ちになったことはなかったよ。神様から受けたご利益を持ったまま、寄り道をせずに帰宅しました。

神札開封の儀

そんなわけで手に入れました御神札。今までいろんなガジェットの開封の儀を執り行って来ましたが、こんなマジモンの開封の儀を行う日が来るとは。

天照大神様と菅原道真公でございます。

半紙を丁寧に開封していきます。息を吹きかけてはいけないらしいので、口にティッシュを挟んでおります。なんか、液晶保護フィルムを貼るのに近い感覚です。

我が家にも降臨、天照皇大神宮!

同様に天神様も降臨!

神棚は無いので南向きの鴨居に仮住まい

一人暮らしなんで、普通神棚なんてないですよね。目線より高い南向きということで、とりあえず鴨居の上に。

ホコリを払って、こんな感じで。なんかさみしい? 祀り方としては、中央に天照皇大神宮で向かって右に氏神様、そして左に崇敬する神様とのことです。左の神様の予定が立っていないのでこの配置にしましたが、どうなんでしょうか。敬う気持ちの問題ということにしましょう。

そして、今日頂いた寸志(お年玉だね!)をお供えしてみた。前述のとおり、置く場所がないので妥協策。左に置いたら、金を崇めているみたいになってるけど気にするな。

というか、正月出勤で寸志出るなんて知らなかったし、全然期待もしていなかったのでとても嬉しいです。新年早々いいことがありました。なんなの? 神のご利益ってこんなに即効性あるの? これではもらった寸志でもうちょっと神棚っぽくして差し上げないといけないではないか。何か考えます。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top