Unformat

Read Article

Siriに3分タイマーと言ったら、余計なことを言ってきた。

最近Siriを使い始めました。今日はラーメンでも食べようと思い、アラームをSiriに指示。すると、思いもよらぬ答えが返ってきたのでした。

ラーメン食べようと思ったわけで

今日も寒いです。家に帰ってきて、ラーメンすすってあったまろうと思いました。ちょうど家にラ王の袋麺がありました。最後の一個。話は脱線しますけど、マルちゃん製麺が流行ってから各社本格袋麺をいろいろ出してきているんですね。この前スーパーに行ったらうどんもありました。それで、毎回違うのを試してみようってことで今はラ王なんです。

最近Siriをオンにした

うちのバンド・コージコナーのボーカル(@koji_kojiconer)が昨年ついにiPhoneユーザーになりました。で、年末のスタジオでSiriについてレクチャー。

Siriはまだベータ版だった時に多少試してみた程度。その時はまだ日本語は対応していませんでしたね。教えるには自分もSiriを使わないとってことで、その時にオンにしました。

現状で一番便利なのは天気とアラームくらいじゃないですか? 「明日傘いる?」とか「寒いかな?」とSiriに尋ねれば天気や気温を返してくれますし、「8時に起こして」と言えばアラームをセットしてくれる。現在時間を把握して午前午後の使い分けをしてくれる賢いSiriちゃん。

「3分タイマー」

そんな流れで、ラーメンのタイマーもSiriにお願いしてみたわけです。一番簡潔に「3分タイマー」と。そしたらこの返しです。

「怪獣と戦うんですか? がんばってください!」

なんか無駄な知識を持っているみたいです。

ちなみにこの記事を書くために既出かどうかは調べなかったので、ここまで書いて検索してみました。結果は既出。2013年11月には話題になっていたようです。

なんか残念なので、これからもSiriの隠されたメッセージを探したくなってしまったよ。ちなみに、クリスマス後に「メリークリスマス!」と言ったら「過ぎてますよ」と言われたので、「あけおめ!」と言ったら「まだですよ」とSiriちゃんに言われました。彼女は冷静です。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top