Unformat

Read Article

お正月前に鳥居付き神棚を買った。

いくつかお正月を迎えるにあたって準備しておきたい物があるのですが、その中でも最重要案件であった神棚を購入しました。1年間ゆるーくお付き合いをいただいた神様に感謝の意を込めて、屋根付き鳥居付き一戸建てです。

不憫な我が家の神様

今年の正月に神札を頂いてからもう1年経ちますね。

1月2日からお祀りしています。→徳丸北野神社に初詣して御神札をゲット!神棚は無いけど方角くらいは気にしてお祀りしてみた。

神札

お祀り当初から何もできずに1年、長押の上からお見守りくださいました。日々の接し方もとてもフランクで、二礼二拍手一礼も気が向いたときくらい。「いってきまーす」「ただいまー」とまるでペットのように接する日々でこれは罰が当たるかも。でも、日本の神様のユルさには定評がありますので、そのへんは生暖かく見守ってくれたことと信じます。

一応、ごはんを炊いたときには欠かさずお供えはさせていただきましたよ。

神棚を購入・設置

そんなうちに迷いこまれた神様に新しいお社をご用意させていただきました。本日大安につきさっそく設置。

鳥居付き神棚

元の場所に無理やり設置するも、なかなか不安定。というかドアから入ってきたとき邪魔(罰当たり)。少しでも豪華にと鳥居付きを買ったのが仇となっています。

鳥居付き神棚

少しドアから離してみました。ちょうどいい電線が這っていたので、また無理やり引っ掛けております。これは要検討。南向きで高い場所というのがここしかないんですよね。

鳥居付き神棚にお供え

とりあえず神饌台が付きましたので、神様の大好きなお酒をお供え。ワンカップで申し訳ないですが、一応新米新酒をご用意させていただきました。なお、このあとお下がりとしておいしくいただきたいと思います。

そしてやはり神饌台もミニサイズですので、お供えの大きさには注意したいところ。ワンカップでこの存在感ですからね。でもまあ、ステップアップはしたということでお許しいただきたいところです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top