Unformat

Read Article

アルコール分9%の飲みごたえとは? スパークス刺激的ゴールドパンチ

スパークス刺激的ゴールドパンチ

先日新横浜で、ライブ前に立ち寄ったローソンで発見。

「アルコール度数9%って、日本酒見えてるじゃん!」

そんな話になったので後日飲んでみました。

公式情報

『アサヒスパークス刺激的ゴールドパンチ』は、爽やかな酸味と甘みがクセになる刺激的な味のウォッカベースのカクテルです。“高アルコール・高炭酸”の飲みごたえとのどごしがありながら、“糖質70%オフ”でスッキリした後味に仕上げました。
ニュースリリース 2012年5月10日|アサヒビール

スパークスってブランドは前から知ってはいたけど、こいつに限らずアルコール分9%なんだね。そして、調べてみたらワインの平均度数が12%くらい。日本酒は15%くらいのよう。

「ゴールドパンチ」ってなんなの?

で、問題の味。「ゴールドパンチ」って調べてみたけど、やっぱりそういった飲み物はないみたい。ゴールドパンチα3000っていうオイル添加剤ならあった。

これはもうイメージでつけたネーミングでしかないよね。そして、話題になったのは「デカビタとかそういう系のデザインだよね」ってことなんだけど。

自分には合わない

結局刺激しかないかな。コンセプト通りだから文句言いようがないけど。自分はお酒飲める方なので、9%の実感があまりないけど。そして、もともとチューハイ系はあまり好きじゃない。氷結とかも飲まないし。デカビタとかレッドブルとかの方向かと言われればそんな気もするけど、ここでアルコール分9%が重くのしかかる感じ。ダテじゃないね。

というわけで、まったく参考にならない意見しか言えませーん。リピートはないかな…。

とか言いながら、これ書くために2本目買ってしもうたwww

7月末までの期間限定らしいので、気になった方はお早めにどうぞ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top