Unformat

Read Article

エレピのプレイを褒められたので調子に乗ってみた1年生です。 (コージコナー 横浜BAYSIS)

遅ればせながら第1弾。先々週のライブ後記的なのを書いてなかったので取り急ぎ。

2013/07/11 横浜BAYSIS コージコナー セットリスト

  1. 一二三
  2. 恋愛ノスタルジー
  3. いつかは星になる君へ
  4. 隣でいつも笑っていて
  5. 呼吸
  6. tour bus

だったと思う。

エレピ歴は1年くらいです。

前回のアウトレットくらいから、いつ星(とバンド内では呼んでいる)のエレピリフが身についてきた感じ。対バンの方からも「オシャレ」とお褒めの言葉を頂きました。個人的にも気に入っているリフなのでありがたい限りです。気になる音源は秋発売予定ということで宣伝。

コージコナーに入ってからキーボードを始めたくらいなのですが、ほとんどアコピしか弾いてませんでした。まずは基本だと思って。アコピが基本なのかはわかりませんが、鍵盤楽器でまず思いつくのはピアノでしょう。で、「一二三」が初のエレピ曲だと思う。でも正直言ってエレピの美味しいところはそんなにない。そういう音色っていうだけなプレイだと思う。その点新曲「いつかは星になる君へ」のリフはエレピらしいと思っている。正確にはエレピらしいというか、Rhodesらしい。Wurlitzerだとまた違うと思う。鍵盤楽器の難しいところは、それぞれ弾き方だったりボイシングが違うところだと思っている。ただ単に音色を切り替えれば済む話ではない気がする。ややこしいことに、鍵盤のタッチの違いだってある。グランドピアノとエレピとオルガン、それぞれのタッチがある。

とまあ、話がずれてきたし、検討外れだったら恥ずかしいのでこのへんでやめておく。

さあ、食事の時間です。

気を取り直して、恒例のガストの時間です。

▲冷やし坦々麺的なヤツ。ごはんがトマト丼になっているのは、生トマトが嫌いな人がいるからです。生トマトこそ至高なのに…。

味はおいしかったです。量も足りないだろうと思ってごはんを付けたわけですが、結構おなかいっぱいになりました。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top